2024年の獣医師国家試験結果が発表されました。
今年は1,013名が見事合格されそうです。
卒業後の勉強と研鑽が重要です、頑張って下さい。

意外だったのが元総理直々にお声掛かりで
新規開校した獣医大学が新卒業生を出しました。
その国家試験が残念な結果・・・・・
開校時には最新・最高の獣医学教育を行うと
うたっていたのですが?

もともと獣医科大学は卒業時に
国家試験受験に危ない学生と
十分な学力のある学生をわけ
国家試験受験に必要な卒業見込み証明を
受かりそうな学生さんに発行します。
危ない学生さんには見込み証明の発行せず
当年の受験資格のない卒業をさせる裏技?があるとか。
(これで見かけ新卒者の合格率が上がる?)
この大学、公式定員の割に卒業受験生数が少なく
その卒業生も結果が無残?に終わった事が。

いずれにしても新しい先生達が
皆さんと動物さんの役に立ってくれる事を
心から願いましょう。

https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/240313.html

とても長い期間、獣医さんという仕事をさせていただきました。
人の医学が進歩するのと同じで動物の医学も飛躍的に進んでいるよう。
その最新医学を動物さんが受けるのには
飼い主さんの経済的負担が大変掛るそうで・・・

と言って昔ながらの臨床獣医学では
なにもして貰えないと訴えられかねません。
なかなか大変な時代になったものだと感じます。

世界が物騒になり日本が巻き込まれると
動物さんと我が世の春の動物医療産業が
真っ先に影響を受けそうな?

平和で経済的に安定しないと
人以外に気を使えなくなるのが怖い。
私は最低の日々を送っていますので
困りませんがこれからの方達は。
   どうぞ、お元気で!

少し暖かくなってきましたね。

2023年は大変な年でした。
外国では戦争や紛争・テロ・災害が頻発し
日本国内でも諸式高騰や災害貧富格差など問題が。
ドウブツさん達も飼い主さんガチャで格差がありそう。
たまたまの環境で運の善し悪しがきまるのは
運だけでなく可哀想な気がします。

一年間、私共もなんとか過ごして参りました。
ありがとうございます。
今年のあと僅かな期間も
来る2024年も良い年・時間になるよう
心から願っております。

   親愛なるワン・ニャンはじめ皆様へ

↑このページのトップヘ