2009年04月

たまに往診を頼まれる事があります。
設備や十分な薬が調った状況でもヤブな私には
カバン一つで診療をする往診は正直苦手です。
往診鞄一つなので十分な事はできなよと言ういい訳はできます。

今では往診は以前にお世話になった先輩先生から引き継いだ数軒のお宅だけです。
飼い主さんがこちらに来る方法がなかったり年配の方だったりのケースです。

これできちんとした仕事ができたのかな~と思うこともありますが
できる限りの範囲でお役に立てたのかもしれません。
往診は動物さんがどんな環境にいるかなどわかるよい機会です。
飼い主さんの話を聞いてあげることもしやすいですね。

ただ往診は少なくなりました。
できればおいでいただく方がこちらも楽ですし
仕事の質も上がるかな?と思ったりもします。
それでもたまの難しくない往診は気分転換にはなります・・・・・


この時期になるとお薬やさんが販売促進のため
飼い主さんにお分けする景品を持ってきます。

不景気なのかこの景品が少しずつ安っぽいものになってきました。
該当のお薬をお使いの方にこんな物で良ければお持ち下さいとお願いします。
喜んでもらって下さる方もいますし、要りませんと言われる事もあります。

このような景品を用意するより安全で有効なお薬を安く出してくれる方がうれしいですね。

今年はフロントラインがポケットに入る犬と猫イラストのショッピングバック。
ミルベマイシンがLEDライトのキーホルダーです。
どちらもあるだけ早いもの順、こんな物でよかったら貰ってください。
もし配布数が終わってしまったらゴメンナサイ!
 

うちのクリニックはなぜか沼津商工会議所の会員です。
飛び込みの生命保険の外交の方に頼まれて入ったら「サービス業部会員」になりました。
会費を払っているだけのなんの活動もしていない幽霊会員です。

その商工会議所から「燦々ぬまづクーポン」の取り扱い募集の案内が来ました。
ちょうどフィラリや予防や蚤のお薬など飼い主さんのお金のかかる時期です。
これを利用すると飼い主さんは実質10%割引きになりますので取り扱いをする事にしました。

燦々ぬまづクーポンは当クリニックのお支払いにご利用になれますのでご利用下さい。
(犬の登録代など市役所納付お預かり分は税金扱いで規則で利用できません。)
お釣りを出すことも規則でできません、千円以下の端数は現金でお支払い下さい。
規則だらけがお役所的で気にいりませんが・・・うちのせいではありませんスミマセン。
これを取り扱っても私どもにはなんの利益もなく逆に1%手数料を支払います。ご了解下さい。


ところでこのクーポン、税金でプレミア分を補填していますが地元の活性化に役に立つのでしょうか?
大型店などでも利用できそうなので地元の中小商店への需要喚起になるかは不明です。
と言って商店街だけの制限利用だと期限も短く使いかって悪くなります。
ひょっとするとクーポン利用者さんと大型店だけが喜ぶ予想もありそうです。

この燦々ぬまづクーポンのプレミア分5千万円は税金で補填されます。
しかし町中に膨大なお金をかけて万里の長城を作る計画に比べれば
規模も比べ物にならないほど小さく将来への莫大な付けもない可愛いものです。
10%おまけと喜んでもそのぶん後で税金を取られるのは忘れないで!・・・
 
 

犬の難治性の皮膚病にアトピーがあります。
原因がわからないのがアトピーの特徴です。
アレルギーは抗原・原因物質が特定できます。

この病気の治療は対症療法と短時間性の副腎皮質ホルモンで
病状をコントロールしてきました。
お薬を飲んでいると改善して服用をやめると再発するパターンが多いです。
それでも最低限の薬を上手に利用すると病気を抑える事ができます。
良くはなるのですが飼い主さんからはお薬が際限なく続くと評判は良くないです。

最近、この病気の治療用にサイクロスポリンと言うお薬が使われるようになりました。
元々は強烈な免疫抑制剤で臓器移植時の拒否反応予防用にも使われる薬です。
これを上手に使うとかなり改善すると言う話なのですが問題があります。
お薬代が異様に高くて医療保険のない動物治療に使いにくい事です。

効果は数週間を見てみないとわからないのですがお薬の原価だけでも
柴犬サイズで一日500円以上かかります。(本当に原価です。)
これでもし治らないと困った事になりますし
もし治癒しても一生涯再発しない事も確約できません。

使用してみたいのですがなかなか試しにやってみませんと言い出しにくいです。
 
人用の説明
動物用サイクロスポリン

頭の上を「どこに飛ぶかわからないミサイル」が飛ぶそうです。
こちらの地域には来ない予定ですがどこに飛ぶかわからないのが不安です。
そんな心配を「杞憂」と言うそうです・・・・・

迷惑な事はやめて欲しいと思うのですそれがわかる相手ではないのも不安ですね。
 

↑このページのトップヘ