2009年05月

今までペットフードの販売が野放しだったのが不思議でなりません。

日本でもやっと2009年6月1日からペットの食の安全を確保する法律が施行されます。
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」と言う名称です。

これによって少しは動物さんたちの食餌の安全性が改善されると期待しています。
しかし法律をよく見るとペットフードの規格や基準が曖昧な事と
所轄官庁がおかしな事に農林省と環境省の二つになっています。
十分な管理や検査・指導が行われるのか今後を見て評価するしかなさそうです。

実効性には今まで通りかなり不安を感じているのは私だけでしょうか?
官庁にまた天下り先と仕事が増えただけでないと良いのですが。

ニュースソース 29th/May/2009

 

イメージ 1
うちのクリニックの看板息子です。
と言っても今年の夏で13歳のおじいちゃん?になりました。
最近は少し足腰が弱ってきたのか散歩の時間が短くなりました。

では、自己紹介。
ワンの診療所での仕事はもっぱらセキュリティです。
僕が頑張っているのでドロボーさんも入れません。

今年の夏も元気で頑張ろうと思っています。
首の青い狂犬病予防済のタグがチャームポイント!
かっこいいでしょう・・・ (ただの迷子札とも言われていますが・・・)

イメージ 1
数年前に鉢植えでいただいたお花を地面に活けました。
ほかに一緒に植えた花たちは全滅してしまったのに
このお花は大変強く一年中緑をたもち花もつけています。
いまや空き地の主のようになりました。
名前も知らない花ですが強さを見ると外来種のようです。

うちのクリニックのサイトはYahoo登録をしていません。
Yahooは登録してもらうのに約5万円もの登録審査料が必要です。
うちのような地方の田舎獣医にとってバカバカしいくらいの費用です。
どういうわけか審査料なのでお金を払っても登録されない事があるようです。

Yahooは電話帳広告と同じで広告主を大事にしますので
検索エンジンとしての価値は下がっているようです。

他の検索エンジンはほとんどがロボット検索をかけます。
このロボット検索はロボット除けをかけない限り勝手に登録してしまいます。
そのため時々おかしな事も起こります。

沼津燦々クーポンをGoogleで検索すると
うちのクリニックのサイトが2ページ目に表示されていました。
べつに燦々クーポン取り扱いを売り物にしているのではないのですが
面白い事が起こるものだと感心しています。

我々にとって一番怖いのは口コミサイトです。
たくさんの獣医さん評価サイトがあるようです。
うちはなにもできないヤブ獣医だと自覚していますので
こういう怖いサイトは見ない事にしています。
 

うちのようにヤブで暇な獣医さんにたまに新患の方がみえます。
事情をお尋ねすると「掛かり付けがお休みで・・・」と言う事が多いです。

急なことなのでこちらで出来る範囲での診察をして
そのあとは掛かり付けの先生に引き継いでもらうことで
了解をいただければ拝見させていただきます。

診療時の状況と治療や使用したお薬などを書いて飼い主さんにお渡しします。
初診を引き受けた責任もありますのでその過程の説明はします。
緊急でない限り検査などは掛かりつけの先生にお願いしています。

「かかり付け医」は今までの状況を良く知っています。
検査等の記録も持っていれば比較しやすいと思います。
飼い主さんや動物さんたちも知らない私のようなおっちゃん獣医より安心できるでしょう。

そこまでしているのですが、ふつうはそのかかりつけの先生から
こんなだったよとかの経過や結果のお知らせをいただく事はほとんどありません。
たまに「おかげで・・・」とか経過などをお知らせをいただくとすごくうれしかったりします。

それでも十分勉強をし設備も人員もととのった掛かり付け施設で診て頂く方が私も安心できます。
もちろん私どもで継続治療を受けたいと言う方なんて殆どいませんが。

それって私の診療所の無能さをさらけだしているだけなのですね・・・
もう少し勉強しなくてはと思うばかりでお役に立てず、どうもスミマセン!
 

↑このページのトップヘ