やっと9月、なんとか長くて暑い夏を越せたようです。
ホッとしています。

さて、英語ネタを・・・・・
頭が悪くて勉強ぎらいの私ですからもちろん英語はからきしダメ。
それでもなにを勘違いしたか「アメリカ動物病院協会・AAHA」の会員です。
この会は英語の審査もなく英文で入会を申し込み年会費を払うと
獣医療関係者なら誰でも会員になれます。

まだ若くて元気なころに毎年3月にこの協会の年次大会学会が開かれ
英語も不十分なのに参加していました。

アメリカの入国審査官が「Youはなにしにアメリカへ?」と尋ねますので
へたな英語で「アメリカアニマルホスピタルアソシエイツ・アニュアルミーティングアテンディ」と答えました。
すると面白がってもう一度行って見ろと・・・・・ 怪しげな早口言葉?
なんとか入国でき観光でない商用Bの入国印が押してありました。
毎年、ほとんど日本人観光客の訪れない地方都市に行くので色々と勉強になりました。
・・・肝腎の学会はすごいな~の刺激を受けて帰ってくるだけですが・・・

その当時は良い時代でいつも利用しているアメリカ系航空会社はお得意様にサービスがありました。
所持している特典でビジネスクラスを用意してもらえたり
アメリカ国内線は立派でないですがファーストクラス(グリーン車みたいなもの)に乗れました。
国内線乗継で日本から来ている現地学会で日本語通訳をするエライ先生と同便になりました。
私は前方のファーストクラスに案内され、その横を通ってエライ先生はエコノミー・・・恐縮して小さくなります。

現地空港は市内までの交通機関が大混雑。
エライ先生たちは長い列のタクシーに並んでいました。
私はリムジンが空いているのに気がつき並んでいる人に町まで幾らくらい?と聞くと
タクシーより少し高いだけと・・・
黒服・蝶ネクタイの運転手さんのリムジンでホテルに行きました。
運転手さんなんだアジア人かよ~って顔をしていましたがTipを払うとホッとしていました。

今はアメリカは遠くて行ける気がしません。 老いたなぁ~