2016年11月


なんと言う事でしょう・・・
急に犬・猫用のワクチンが品切れとなり入手ができなくなりました。

一部の会社製の犬用ワクチンに不備があり出荷停止になったようです。
それをきっかけにどんな理由なのかわかりませんがワクチンが市場から消えました。

さっぱりわからないのは関係のないと思われるネコ用ワクチンまでほぼ品切れです。
・・・だれかがこっそりと買い占めた? のかな~

動物医療が全体の動物の健康とか考えるものであれば
こんな時に知恵を絞りみんなのためになる事を考えるのでしょうが・・・

お薬の業者さんも、もし供給が始まっても少しずつが予想されるため
今までの実績のあるところから供給を始めると。
うちのような零細には最後にならないとまわって来ないようです。

幸いに私のクリニックでは年間計画でワクチンなどをストックしているので
かなりの先の当分の間は今まで通りの方法と料金で予防接種を行えます

自分のいる業界?がこんな事態になるなんて・・・ あり得るかな。 

零細の犬猫診療所ですが少し無理をして
2017年のカレンダーをご用意しました。

こんなご時世に無料のカレンダーがあってもいいと思います。
どなた様にも差し上げておりますのでついでの際にお立ち寄りください。

先ほども言った通り少々無理をして数も十分に用意したつもりです。
でも限りはありますのでご希望に添えない事もあるやもしれません。
ご了承ください。
お早めにお立ち寄り下さい。

ドラメクチンってヘンな名前です。
日本人科学者がノーベル賞を受賞した
抗生物質「イベルメクチン」派生型の薬品名です。

この薬は海外では以前から大動物の寄生虫治療に使われていました。
現在、日本では「デクトマックス」という名称で大動物用に販売されています。

この妙な名前の薬が意外と小動物の治療に役に立っています。
ネコの顔や頭にガザガザの皮膚病ができる疥癬(ヒゼンダニ)の治療に有効です。
(旧来型のイベルメクチンでも効果があるので特効薬ではありません。)

成犬のニキビダニ(デモデックスとかアカラスとも呼ばれる)の
治療に有効で安全な使いやすい薬として知られてきました。
この薬がない時には成犬の全身性デモデックス症は難治な病気でした。
日本でも手に入るようになったため治療薬として利用できるようになりましたが
飼い主さんに家畜用の薬だと説明と了解を得ることが必要です。

滅多に使う事がない薬なのですが
急に必要になった時用に常時ストックしてあります。
・・・少々、高価なので困りますが・・・

名前からドラ猫ようの薬かと勘違いしたり?

↑このページのトップヘ