相変わらず、新コロナヴァイラス病の流行が続いているようです。
コロナヴァイラスは本来、ほとんどの動物に由来しています。
犬さんや猫さんにもコロナウイルス感染症があります。

犬さんのジステンパー多種混合ワクチンにはこの病気予防が含まれています。
予防接種を受ける事で犬さんは予防できます。

猫さんのコロナウイルスは腸炎を起こすものと免疫異常を起こし致死性ものがあります。
お腹を壊すものはほとんど普通の治療で快癒する事が多いです。
免疫異常からお腹が腫れたり、呼吸困難を起こすネコ伝染性腹膜炎と呼ばれるタイプは
症状を改善する治療しかなく残念な事に致死性の病気と考えられています。
(症状が治療により長期に改善する事がありますが
 これは病気の緩解と呼ばれ、治癒・完治ではありません。)

外国では猫さんのFIP(猫伝染性腹膜炎)と呼ばれている病気のワクチンがあります。
日本では薬品として認可にならず、現実に予防方法はありません。
(獣医師による個人輸入も生物学的製剤の為、禁止され持ちこむ事もできません。)

以上、犬さんや猫さんもコロナヴァイラス病がありますが
現在、このウイルスが人への感染は知られていません。(うつりません)

動物由来のウイルスはなにかのきっかけで人に感染する型に変異をする事があります。
その病勢は今回の騒ぎの様に現実になってみないとどんなものなのかも予想できません。

と言って動物が人に害を与えると思わないで下さい。
なにかが起こった時に早期に的確に感知し、その情報を速やかに公開して
的確な対策や対応を行い、小規模なうちに消し止めてしまう事です。
情報を隠蔽したり、政治や経済事情を優先し強力な対策を躊躇すると
大変な事が起こります。

こんな状態に陥りご自分達の命もかけて懸命な治療をされている
医療関係者の皆様に心から敬意と謝意をおくりたいと思います。

・・・こんな時、獣医さんは役に立ちません。(私のような無知な獣医さんの事)

本来、動物由来の病原生物研究や解明は獣医さん達の分野のはずなのですが・・・
今治のアベノミクスで誕生した獣医科大学はこの手の研究をすると言う事でした。
将来を期待したいのですが武漢の研究所の様にならないといいのですね。

なんであれ物騒な騒ぎが落ち着き、安心して街を歩けるようになりたいものです。