2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税します。
社会福祉財政が不足するとかの理由の増税ですが理解不能です。

消費税は生存税と同じで生活のための全ての消費に課税されます。
年金で細々と暮らしている方や最低時給で頑張っている方
更に言えば生活保護受給されている方にも消費に10%課税されます。

消費税は超逆進性課税で課税率は所得の低い方の方が高くなります。

簡単な例で言うと10万円の所得で暮らしている方は
生活のための消費はほぼ全額の10万円かかります。
これに10%課税すると実質使えるお金は9万円です。

月収300万円のお金持ちは生活のために300万円は使いません。
贅沢をして月に150万円を使ったとして消費税額は15万円。
高額のように思えますが所得からの税率はわずか5%、しかも150万円残ります。

困った事に増税のためにご機嫌取りのバラマキをしたり
訳の分からぬ(分類が実質不能?)な軽減税率を導入したり。

我が零細どうぶつクリニックも仕入れや
必要経費の全てに10%消費税がかかります。

誠に無念で本意ではありませんが2019年10月1日から
診療費用の10%分を消費税としてお預かりさせていただきます。

なお、サービスの一環として
プレミアム商品券の利用やキャッシュレス決済ポイントが
ご利用になれるよう、手続きを行っております。
(当クリニックは各種手数料がかかり減益になりますが・・・)

国がやる事なのでとてもスローモーで申請が認可されるのか
それがいつになるのかもわかりません。
ご利用される方に有利に時期になって欲しいと願っています。

折角マイナンバー制度ができたのですから
消費に課税をするのでなく所得を捕捉し
適切な税制体系を作って欲しいと思います。

私どもはビンボウな獣医さんなのでとても増税は切実です。