世の中はすべて武漢ヴァイラス感染症騒ぎで自粛ムードです。
よくわからない病気なので予防法が見つかるまで
じっと、おとなしくしているのが唯一の方法のようです。

この病気が海外で犬や猫に感染したというニュースがありました。
しかし、犬や猫同士や動物から人への感染は確認されていません。
(犬・猫は元々固有のコロナバイラスを持っており人に感染しません)
現在の武漢ヴァイラスはまだ不明の病気なので解明を待ちましょう。

日本で17年ぶりに人の狂犬病感染があったそうです。
日本国内でうつったものでなく
海外で感染したものが日本にきて発病したそうです。

日本では昭和30年頃?(1957年以降、)から
犬(動物)の発病はないらしいです。

狂犬病は人から人への感染は知られていません。
また、犬の病気と思われていますが
多くの哺乳動物が病気の感染源になる事が知られています。
海外では犬の他、サル、こうもりなどからの噛み傷は
あぶないと言われています。
アメリカのグランドキャニオン公園ではリスに手を出さない下さい。
狂犬病にかかる危険性がありますと看板に書いてありました。
動物に噛まれて発病するまで半年以上の潜伏期があるそう。
受傷後すぐに治療を受けると発病しなくて済むそうです。
(濃感染国に滞在旅行をする時は事前に予防接種をお勧めします。)

海外でも日本でも知らない動物に手を出さない方が賢明です。